桜木町 【むげん富士見寄席 ※銘仙コレクション2017(ショー)】

お茶子やりました。
座布団を返す度に、銘仙を着替えて、出たったー!!
ふあっあっは。
こんなお茶子さん、ギネス級!とお褒めの言葉を頂きましたよ。
誠に自己満足の世界ですが、お写真取ってくださたったので、アップします(笑)。

  肥瓶       たちばな家 半志楼  ⇒ 遊月 
  <赤のモザイク柄 所々に黒 の銘仙>
CIMG5312.jpg

IMG_5400.jpg

  モモリン     参遊亭 遊月 ⇒ まりも
  <綺麗な青の銘仙>
CIMG5336.jpg

  音曲       深緑亭 まりも ⇒ 抽選会
  <白地にアールデコ風の線が描かれた銘仙>
CIMG5353.jpg

  強情灸      墨亭 右柳

  中入り ⇒ 恋歌
  <赤にうずまき柄の銘仙>
IMG_5425.jpg

★ここは、めくりをめくるだけ(座布団返しなし)という一瞬にも関わらず、写真収めてくれた人が2名も!!

CIMG5373.jpg

  雁風呂      夢見亭 恋歌 ⇒ マジック
  <黒と赤の菱形の銘仙>
CIMG5389.jpg

  お笑いマジック アタチ 稔 ⇒ 金夢
  <銘仙らしい、単衣の幾何学ブロックの銘仙>
CIMG5415.jpg

  <最後だけ、にっこりした(笑)>
CIMG5416.jpg

  らくだ       まじめ家 金夢

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
カテゴリ上部
リンク
プロフィール

千壱夜舞歌(せんいちやまいか)

Author:千壱夜舞歌(せんいちやまいか)
神奈川在住。大阪府豊中市出身。
落語仲間とお稽古し発表。
過去は
※2008~2011年「桂文雀師匠」に師事。
※2013~2014年「古今亭菊千代師匠」に師事。

◆米朝師匠の名言
<その1>
噺家になったのは好きやからということもありますが、一人でやる芸で、衣装も大道具もメーキャップもなしで、それでいてドラマのような世界が描ける、それに魅力を感じたからです。
私の描いた世界と、受け手の世界が一致する。そのときは冥利を感じます。

<その2>
「あんたには、それが見えてなはんのか?あんたに見えてないもんは、お客さんにも見えませんのやで。」

◆自分から自分へ
まともな人間として一生懸命アホな噺をやろうとおもたらいけません。
アホな人間が一生懸命まともな噺をしようと思うくらいでないと、おもろくありません。
(まじめか!)

<オンラインカウンター(訪問者数)>