取り組み方も色々変わってきました。。。

今回は、今時点の私の落語に対する取り組み方について、書いておこうと思います。
今時点であり、今後変わるかもしれませんが。。。

今年に入って、色んな地方にでかけて、色んな落語会を見るようになりました。

と、同時に、8月の初独演会(でもないけど、まあ、自分で企画する自分が主役の会は初)に向けて、大阪にまで落語の稽古に行ったりして、色々、落語と向きあう自分の気持ちが変わりました。

ずっと、人に見せる以上、上手くならなければと思ってきました。
一生懸命でした。
自分がナカナカだなと思える高座をしても、お客さんによくわからなかったと言われたら、それは意味のない高座になっていました。

でも。。。

いま、「自分が楽しかったら、納得したら、それでいい。」と、まあ、ずうずうしい気持ちに落ち着きはじめました。

この経緯ですが・・・。

上方の古典落語をきっちりやろう、と思った時の、つまづきにあります。

現在、古典そのままにやっている親子茶屋ですが、
相当に言葉のイントネーションが上方の船場ではなくなっており、直さなければなりませんでした。
いま、8月に向けて、直しています。
米朝師匠の古典落語を、いじったりせずやろうと思っている以上、それは当然のことかと思います。
難しいけど。。。直そうと思います。

ただ、この、出来るか出来ないかは置いておいて、本寸法?の上方落語を、私が住む東京でやる場合、どうするか、という壁につきあたります。
今やっている親子茶屋だけのことではないです。
上方落語には、笑わせる対象が関西の人であって初めて、そのスピードや突っ込みの強さが活きるというのもあると思います。
では、東京のお客さんにあわせて、スピードを緩めたり、突っ込みをやわらかくすることで、これがはたして本寸法なのか?と。

東京で演っている私の落語は、江戸落語ではない。上方落語なのだろう、と思って近づけようとしていたけど、なんか、もう、やめようかなと思いました。。。

長崎には長崎の、高松には高松の落語がある。
江戸なのか、上方なのか、そんな事に拘ってない。
私は出身が関西なだけに、上方落語をちゃんと上方落語としてやろうと思って、向き合ってみた。
だけど、きっと認めてはもらえないだろう。どこで?大阪では。そんな気がした。
だえど、誰だって、その人なりに、その人の生きる場所で落語に取り組んでいる。

これからも、ちゃんと、上方落語には向き合おうとは思う。
でも、それが一番ではなくて、一番は、自分が楽しいと思う世界をお客さんに見せようと思うこと。
見たお客さんが、どう思ったかを吸収して、変更を加えていこうと思うこと。
プラス、ちゃんと古典落語をやるときは、理解しようとするけど、そればかり熱中しないこと。

大阪出身・東京在住だから、もう、何ものでもない私の落語を私が認めていこうと、
それは他人の落語の取り組み方に対しても厳しかった自分も、一緒に治していこうと。
そう、ダブルで思ったのでした。




非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
カテゴリ上部
リンク
プロフィール

千壱夜舞歌(せんいちやまいか)

Author:千壱夜舞歌(せんいちやまいか)
神奈川在住。大阪府豊中市出身。
落語仲間とお稽古し発表。
過去は
※2008~2011年「桂文雀師匠」に師事。
※2013~2014年「古今亭菊千代師匠」に師事。

◆米朝師匠の名言
<その1>
噺家になったのは好きやからということもありますが、一人でやる芸で、衣装も大道具もメーキャップもなしで、それでいてドラマのような世界が描ける、それに魅力を感じたからです。
私の描いた世界と、受け手の世界が一致する。そのときは冥利を感じます。

<その2>
「あんたには、それが見えてなはんのか?あんたに見えてないもんは、お客さんにも見えませんのやで。」

◆自分から自分へ
まともな人間として一生懸命アホな噺をやろうとおもたらいけません。
アホな人間が一生懸命まともな噺をしようと思うくらいでないと、おもろくありません。
(まじめか!)

<オンラインカウンター(訪問者数)>