自分用(通年)

1)普通の顔が無愛想。感情の起伏をみせる。
2)猾舌が悪い(語尾が消える。特に「ん」)。出しにくい声は聞きにくい。
3)視線の位置、お客様の額見る。まばたき多すぎ。
4)出だしはスロースタートでないと関西弁になじめない。
5)年配の前では、心拍数と会話のテンポをあわす。
6)人が代わって突っ込みならば間を挟まず。
7)考えてる仕草で視線で下みたり、不必要に上下ふらない(見ているほ方が混乱する)。
8)煙管は親指と人差し指で丸めてつめて火をつける。
 煙管を吸いながらつけるタイプのタバコは安いタバコ。高いタバコはすわなくても点く。
 持ち上げる仕草でタバコをつけるのは、鉄瓶を持ち上げてる。この場合はタバコをすいながら。
9)マクラは必須。マクラ飛ばして仲良くならないと聞いてもらえない。
 ウケは狙わない。まずはゆっくりとお礼からスタートする。
 11/22 マドンナ寄席にて痛感。

2017初春 だくだく

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

2016冬 親子茶屋 指摘まとめ

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

2016秋 短命 指摘まとめ

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

2016夏 太夫高尾

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

2015年冬 烏派(父・幸兵衛の遺産)

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

2015秋 幸助提灯

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

2015春 英国式ドッグスクール

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

2014秋 阿弥陀池

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

2014春 動物園

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
カテゴリ上部
リンク
プロフィール

千壱夜舞歌(せんいちやまいか)

Author:千壱夜舞歌(せんいちやまいか)
神奈川在住。大阪府豊中市出身。
落語仲間とお稽古し発表。
過去は
※2008~2011年「桂文雀師匠」に師事。
※2013~2014年「古今亭菊千代師匠」に師事。

◆米朝師匠の名言
<その1>
噺家になったのは好きやからということもありますが、一人でやる芸で、衣装も大道具もメーキャップもなしで、それでいてドラマのような世界が描ける、それに魅力を感じたからです。
私の描いた世界と、受け手の世界が一致する。そのときは冥利を感じます。

<その2>
「あんたには、それが見えてなはんのか?あんたに見えてないもんは、お客さんにも見えませんのやで。」

◆自分から自分へ
まともな人間として一生懸命アホな噺をやろうとおもたらいけません。
アホな人間が一生懸命まともな噺をしようと思うくらいでないと、おもろくありません。
(まじめか!)

<オンラインカウンター(訪問者数)>