第9回社会人落語日本一決定戦

決勝進出者、

ひろっちゃん、喜怒家哀楽、浜ノ磯丸、ぷぅ風亭みるみる、葵亭真月、浪遊亭春乃、天満家演達、参遊亭遊若、満腹亭いち福、関大亭豆蔵。(敬称略)

私は駄目でしたが、いい落語出来たので、凹んでませんよー(笑)。

池田の大会にむけて・・・

7月末に仕上がったとか何とか書いた、書割盗人ですが、その後もやればやるほど苦戦し、ここ20日ほどでも大幅に変わりました。

いつやっても、ネタ卸し(初回)のような高座ヨ。

毎年思うが・・・

こういう大会で、10分や8分とやたら短く縮めたり、落語に順位をつけることが無意味だという意見がある。

でも、大会があるからこそ、一つの落語にこんなに向き合い、縮めるために見えてくる世界がある。。

去年の、紺屋高尾もそうだった。

今回も、案外簡単に縮まりそうに思えていた書割盗人だが、絵にかいたものを、あるかのように振舞うという、それだけの落語なだけに、なぜここにその絵が書いてあるか、全てに意味があり、そして、リフレインすることによる、リズムネタっぽいところ。

この改作は、動物園を女性版にする程度の苦しみではなかった気がする。

そして、内面(感情)の動きを重視するか、それとも、つもり・つもりの、繰り返しによる面白さ、滑稽さ、リズムを取るか、最後の最後にはそこを迫られ、リズムを取った。

本当は、もっと、情緒を描くほうが私は好きだ。

だけど、8分のために、何を諦め、何を生かして起承転結を作るか・・・

大会がなければ、ここまで、一つの落語に向き合って、結局この落語は何を最も表現したい落語なのか、ということを振り返ったりしなかったように思う。
こんなに単純そうにみえて、変えるに至難な話だなんて、ただ覚えてたんじゃ気づかないヨ。。。

結果がでるか出ないかは、神のみぞ知る。

結果・・・

実はもう出ている。

大会の結果は、もはや関係ないわ。

苦労したなりの改作が出来た、ここにかけた時間でもう、私は満足できるわ(笑)。

「きみ、毎年、大会でたほうがいいね。大会がないと、いい改作や新作って、できないね。」とは相方の談。。。

ちりとてちん杯、ちりました。

いやいやいや、散るほど咲いてもいないけどね!

書割盗人、頑張りましたが、予選時点であかん気がしました。
8分の制限に、巻き気味で話してしまいました。

しかし、ここ10日ほどで、かなり完成度は上げれてたと思います。
というのは、話の部分。
結局、ここ数ヶ月、毎回、どうやったらこの話を面白くできるか、そればっかり考えてきて、やってもやっても、しっくり来なかった。

純情な男心を描くか、女の武器を前面に出すか、リズムネタにするか。。。

最後は、女が手裏剣で壁に貼り付けられたところから、着物を脱ぎながら壁から抜け出る場面は諦めました(笑)。

でも、リズムネタとして的を絞ったので、そこは完成度を上げれたように思います。

仕上がったのがほん10日前だったので、ネタおろしに近かった。

大丈夫、来週の池田までには、また完成度上げていきますよ!!

全然ヘコんでません。私の会場から出た人、いい落語しはりましたもん!!

私もまだ、池田、ま、10人に選ばれないかもですが(弱気)面白かったと、何より、「話の展開がよくわかった」と言ってもらえるよう、自分の目標だけは達成してきたい!!


里帰り落語会その他もろもろ

8月20日の大阪での里帰り落語会、無事終了いたしました。
ご来場くださったかた、仕上げにつきあってくださった方、稽古してくださった師匠、稽古場所確保のために走ってくださった方、愚痴や苦悩や家事を引き受けてくれた家族、当日のスタッフや姉、ありがとうございました。
最初は2席の予定でしたが、会場が立派すぎて怖くなり、やりなれている1席を追加しての3席でした。
何が褒められたって、着物(笑)。。。
20分で綺麗に着替えて出てきてたと。
身内は落語よりも、見た目がしゃんとしているかが気になるようで、母が特に喜んでました(着物を(笑))。

2015年1月に、大阪で、初心者丸出しの落語をしてしまい、それっきり見てもらって無かった方に、今回見てもらえて、成長ぶりを喜んでもらえた。
1席目と3席目は創作、2席目は古典。
色々、古典に関しては特にご意見も頂きましたが、私はこれで、もう、今回は充分満足するべきかな、と思っています。
いや、本当は悔しい。親子茶屋だけでも、もう一回やりたい(笑)。
でも、仕草、表情や人物の陽気さの欠如はあったものの、名人の30分の大ネタを、3年前10分の落語しか持ってなかったような私が最後までやれたんですから、アータはせいぜい、そんなもんよ、と。
東京での家族・友人との落語会や、楽しんで暮らしている私を見せるもくてきは達成できたんだから、と。

性格的に、自分にも他人にもダメだししすぎるし、自分を高く見積って、いつも凹む。
けれど、3年前は、コケるか、上手くいくか、カケみたいに出演していた私が、今回、絶対やりきれる!と思って当日を迎えられただけで、大分成長したんやと思います。とにかく、器が小さい。度胸がない。そういう私ばっかりでしたから。

上を見ればきりが無く、駄目な所も沢山ありますが、今はまだ通過点。
だから、コレでよかったと思って、また、明日に向かいます。

ま、とにかく疲れた。
気が張っていたのかな。
たかが趣味、たかが落語、だけど、されど落語、奥深い世界です。
まだまだこれから、ですね。

岡町噺の会に向けて・・・

稽古用の和室を休日で、13-17、18-22で予約しました。一人稽古用です。
ビビりませんか?自分でもビビってます。。。

やる気??

いえいえ、先の和室を予約だけで稽古をした後のつぶやきではないので(笑)この殆どの時間をネットを見てすごしているかもしれないのだが~(笑)。。。
しかし、当日の緊張による失敗って、自分が稽古したから大丈夫と思えるか思えないかだけのような気が最近している。だって、家でリラックスしてたら大抵出てくるセリフが当日(大丈夫やろか)とか思い出したらまず、失敗する、とまる、うわずる。。この、大丈夫やろか、の思考は、稽古していると(ま、なんとかなるやろ)と思うので変な思考がよぎらない。失敗しづらい。
結局は稽古した自分と思えるか思えないかの差だけで、稽古量(実際の質?)はあんまし関係ないんちゃうか?と思ったりしている。話芸なのでメンタルがすごい占める割合が大きい。
岡町白黒

今まで、蕎麦屋やら、ワインバーやら、地元公会堂やらで落語会を企画しても、たとえ二人会だったとしても、主役が自分の方だと思ったことはない。
自分が尊敬している人を誘って演ってるから。

でも、大阪の落語会は、年賀状で繋がってる友達よんじゃってるしね。3席もやるしね、大御所に支えて貰ってるけど、里帰り落語会って謳っちゃってるしね、楽しもうとかそんなんは思えないですね~。
やっぱ、失敗は絶対できんナーと思う。

3年前高座で止まった落語を見せたおばあちゃま方がまた来るしね、あんまり心臓悪い事したら死なせてしまう可能性もあるしね。もう二度とないと思うしね。。。。稽古しているなんて書き込み、ダサいんだけどね。ま、頑張るわ!!
当日着る着物なんかを悩んだりしながら♪
20170809180755aee.jpg

書割盗人(だくだく)あれこれ

ふう~~~~。

昨日やっと、書割盗人(江戸では「だくだく」)の改作の方向性が決まりました。
これをベースに、ちょこちょこ変えていきまっしょい!!

しかし、福井のちりとてちん杯8分、大阪の社会人落語日本一決定戦10分。
8分や10分の落語だと、起承転結でかなり、どごを削ってどこを出すか迫られる。

10分じゃなければなあ~~。
書割盗人(子別れ編)とかも、結構、良かったんだよー。
書割盗人(お代官編)
書割盗人(どじょう鍋編)←思い出せない(笑)。今読み返した。ハハハ!
書割盗人(くの一編)
書割盗人(女ねずみ小僧編)
書割盗人(亡き妻を思う編)
書割盗人(赤いものに興奮編)
書割盗人(フィギュアおたく「コケシ萌え」編)とか

数えたら決定までに24のストーリーを作ってたがな。。。

場面場面で、やりたいことはあっても、その動機とオチまでが自然じゃないとアカンので、泣く泣く変更を重ねに重ね。。。
どこに行くのワタシ・・・放浪してましたがな。。

改作より、現代の新作のほうが、やっぱ自然に仕上げるってのは無理がないな。。。

さて、最後に出来上がった書割盗人で、8月19日までに、まず、今の8分くらいで収まりそうなものを12分程度まで膨らまし、そこからまた、大会用に絞っていきます。

さて、どうなりますやら。。。

書割ってなあに?【ココをクリック(歌舞伎人)】

KAKIWARI.jpg




沖縄に行ってきました(うちなんちゅ落語会)(4)

さて、4日目です。
前夜より、沖縄に台風が来~~るう~~とニュースでやっており、帰れるのか?
初の交通機関欠航による休暇(午後から仕事に出勤予定)となるのかっ!?
と思っておりましたが、難なく朝10:30出発の那覇発羽田行きは飛び立ち、降りました。。
IMG_20170704_105318.jpg

いや~~。沢山刺激をうけた3泊4日でした。
東京、兵庫、四国、それぞれに生まれて移り住んだ人たちの暮らし、沖縄の落語事情、プロ、アマ、それぞれの思い、葛藤や、商店街の理事さんとイベント開催までの月日などなど。
昨日も何でもない日を過ごす予定が、色んな縁ができ、色んな話を聞き、やはり、沖縄は、四国でも北海道でも感じなかった、ここだけの時間の流れ、みたいな異国感?がありました。案外すぐ来れるのにね~~~。
落語のお客様の白仁さんという男性より私のブログに連絡があり、私が那覇の落語会で演った「英国式ドッグスクール」をとても気に入ってくださり、最終日(本日)の朝、まだ沖縄にいるなら、ぜひご紹介したい人がいます、とメールを頂きました。
メール着が朝4時。↓※早朝の朝焼け
IMG_20170704_051951.jpg

こちらから返信したのが朝7時半。空港で朝9時30分から30分しか時間がありません。
それでよかったら。。。
東京で、ワサワサ時間を送ってたら、たった30分の為に、どうですか?なんて返信したかどーか。。
沖縄時間がそうさせたのでしょうか。。
なななんと、そんな状況で、アウエハント静子さんという方を連れて来てくださいました。。。。
この女性は、連絡がついて30分後にタクシーで空港にきてくださるというフットワークのよさ!
私の落語を聞いた訳でもないののね、ただ知らない私に会う為に。
何を話したわけでもなく別れましたが、なんだか、時空がズレたというか、何か始まりそうなよくわからない感覚がありました。またお会いしそうだな。
とにかく間に入って紹介してくださった男性は、何だか会わせたいと無性に思ってくださったらしく、しかし、何の下心もなく、そうしなくちゃと思ってくれたらしい。不思議な。
とってもスピルチュアルな方のようで、時々、落語をしていると、とってもスゴイというか、偉いというか、そんな方にお会いしますが、共通しているのは、「気さく」で「よく笑い」「飾らず」「テンションが安定している」ということ。
IMG_20170704_093819.jpg
IMG_20170704_093824.jpg

この方も、なんだかとっても、魅力的な笑顔の方で、つられて私も美人に写ってる!!(笑)。
この、「テンションの安定」は、なんかこう、絶対私には手に入り辛いものなんだよなーーー。。

そう、やはり、沖縄には不思議な時間が流れています。
今回、地元の人と触れ合って感じたこと色々。
旅行メンバーだけで、リゾートホテルや、レンタカーしてたのでは得られない貴重な体験の4日間となりました。

沖縄に行ってきました(うちなんちゅ落語会)(3)

3日目は、出演していた落語会の企画側理事さんと一緒に、ブラブラしながらリゾートホテルへ向かう。
その前に寄った道の駅で、スゴイ気に入った陶器に出会う。
詳細はココをクリック!

で、ルンルン気分で、お土産やら何やら買ったあと、ホテルでランチ。何ホテルやったかな?
いや、自分の泊まるホテルのランチは、外国人で激コミで入れず。。。移動。。

沖縄での初めての落語ウィーク開催までの長い道のりや感想なんかを言い合う。シミジミ。。。
19247925_1998462930386074_6753457112500902185_n.jpg
19598445_1998462933719407_8079914609641578987_n.jpg

なんせ、うちなー時間?ってのがあるから、なかなか前に進めていくの、苦労が多かった模様。
優雅にランチしたあと、理事さんにご馳走してもらって、別れ、ホテルにチェックイン!素敵なホテル~~。
瀬長島ホテル。初めての一人リゾート。

19756350_1998462817052752_8228237895295446253_n.jpg

さてココから一人リゾートの 始まりです 。
さっきまで 現地の女性に ランチを付き合ってもらいましたが 今からは一人です。

19702034_1998462820386085_489017544524094183_n.jpg

飛行場が見える部屋を予約したので 飛行機の 離着陸をつまみに おこもりの予定(飛行機オタクか!)。
昼はゴージャスなランチでしたが 夜は ワインと カップ麺で飛行機の轟音を聴きながら過ごす。これまた楽しみ(笑)。

19601204_1998462813719419_7715722493950983207_n.jpg


沖縄に行ってきました(うちなんちゅ落語会)(2)

2日目は、落語が14時からということで、午前中暇やね?ってことで、沖縄らしい朝ごはんを食べよー!!と、落語仲間のFさんと出掛ける。
朝ごはんは食べログの点の高いところに行くが、行っても、行っても、閉まってる!
日曜やるって書いてあるのに・・・・さすが沖縄。
スパムを買える店とかは、長蛇の列。並ぶ気がしない。
しかし、私もFさんも、その辺のマックとか、24時間営業のやばそうな沖縄そばの店に入りたがらず、悩んで悩んで結局2時間もあるく!!(信じられへん)。
そして、ランチで!!!開けた店に入るという・・・。はーしんど。
やっとありつけた店で、うれしさのあまり、沖縄そば(八重山そばだったか?)を撮ってもらう(笑)。
Fさんはビール一気飲みの、ジョッキ2杯目。後日、掲載許可がおりたら、貼ろう(笑)。
IMG_20170702_101134.jpg

そして、午後はジュンク堂書店内で落語。
後で知ったのだが、マイクの音が全館に放送されていたらしい・・・・はず。。。
私は、風邪が治りきっておらず、咳止めをのんだせいか、高座に座ったとたん、経験のしたことのない渇きで唇が口に張り付いて動かない!!ぎゃー。。。

あんまりいい、悋気の独楽ができず。。。チーン(沈)。。。

落語会が終わると、お片づけも手伝わず(すいません)宿に帰り宴会に備え、2時間仮眠。なんつうか、わたし・・・結構虚弱体質。。。

KARIYUSHI.LCHという、激せまなホテルに泊まったのだが、ロフト作りで7㎡!!!?なのに、なんでしょう、あの、押入れベッドで寝るみたいな、あの、安心感が。。。
下が玄関と、畳1畳くらい?と、お風呂とトイレだけ。2階が、ベット(テレビつき)。快適。
貧乏性なのかしら??いや、敵が背後から襲ってこない安心感よ、あの閉塞感が快適なのは。きっとそう。
ということで、ロフトベッドから見下ろした画像がコレ。浴衣をロフトのパイプにかけてます。
IMG_20170702_005343.jpg

その後宴会へ。
宴会では皆さん1週間の疲れてヘロヘロ。
美味しいお料理。そして、落語談義で、知り合いのFさんが居なくて人見知り気味の私も、すぐに和む。
沖縄の風も関係あるかもなー。楽しかったっす。
201707101931191c8.jpg

沖縄に行ってきました(うちなんちゅ落語会)(1)

沖縄で、1週間落語をやり続けるというイベントに行ってきました。
といっても、月曜から日曜までの、私が出演したのは、土曜日の晩と日曜日。

1週間落語をやるってのは、初めての試みということで、初めての試みって絶対失敗させちゃいけない!と、僭越ながら私でも何か役に立てるかなあ、と思って、自ら参加しまーす!!と言って、行ってきました。

土曜日 羽田15:25⇒18:20沖縄 12000円くらい。やすっ!東京大阪の新幹線より安い。
ま、便にもよりますが、沖縄は身近です。

18:20に到着するのに、19時からのイベントで落語をやることになり、東京から着ていくことにしました。
IMG_20170701_135045.jpg

ということで、14時ごろ、関東で洗濯もの干してたのに、19:00に沖縄で落語、してました。
画像は、お義父さんが羽田まで送ってくれているところ。

到着したら、モノレールの最寄駅まで、南亭こったいさんが、迎えにくてくれている。ありがたや!ほぼ初対面(笑)。
新しく建った「ブロッサムホテル沖縄」の宴会場みたいなところへ。

最初は、悋気の独楽にしよっかなーと思ってたのですが、現地で「英国式ドックスクールの方が雰囲気も変わっていいと思う。」ということで、出番直前にさらって、高座へ。
ちょっと急でソワソワして、落ち着きはなかったですが、まあまあ、ウケた。犬が関西弁を話し出したことが面白かったらしい。
うーん、四国も兵庫の山奥も、しつけ教室の概念がないみたいで、そんなにウケなかってんけどなあ。
不思議。。。こちらの画像はホテルでの、おきらく亭すい好さん、かな?

20170709_203920_3.jpg

夜、21時半くらいより、さらっと宴会をして、終える。
夜は、池田の大会に出た私を一方的に知っている方が来てくださって、なんか癒される(写真)
沖縄は、あの~、暑い(笑)。湿度がある。ムシムシしてる(笑)。意外やわ~~~。
私は、羽田から沖縄まで、浴衣で飛行機乗って、なんか、なんやろ?気軽な感じが一日楽しかった(笑)。
47330684_2258412339_180large.jpg

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
カテゴリ上部
リンク
プロフィール

千壱夜舞歌(せんいちやまいか)

Author:千壱夜舞歌(せんいちやまいか)
神奈川在住。大阪府豊中市出身。
落語仲間とお稽古し発表。
過去は
※2008~2011年「桂文雀師匠」に師事。
※2013~2014年「古今亭菊千代師匠」に師事。

◆米朝師匠の名言
<その1>
噺家になったのは好きやからということもありますが、一人でやる芸で、衣装も大道具もメーキャップもなしで、それでいてドラマのような世界が描ける、それに魅力を感じたからです。
私の描いた世界と、受け手の世界が一致する。そのときは冥利を感じます。

<その2>
「あんたには、それが見えてなはんのか?あんたに見えてないもんは、お客さんにも見えませんのやで。」

◆自分から自分へ
まともな人間として一生懸命アホな噺をやろうとおもたらいけません。
アホな人間が一生懸命まともな噺をしようと思うくらいでないと、おもろくありません。
(まじめか!)

<オンラインカウンター(訪問者数)>