【近日出演予定の落語会】

04/23 溝の口  落語膝栗毛(東海道落語会) 短命
05/03 長崎   びーどろ寄席(社会人落語仲間のお誘い) 英国式ドッグスクール
05/20 北海道  札幌チャリティー寄席(社会人落語仲間のお誘い) 英国式ドッグスクール
05/28 清澄白川 杵柄寄席(杵柄会) 短命
06/04 中目黒  吠える狸の落語会  未定
06/10 千歳船橋 桜丘土曜寄席 花嫁のれん(ネタおろし?)
06/11 三越前  みえど落語会 鷺とり(伊勢神宮版)
06/17 田町   しょこら寄席 未定
06/24 桜木町  むげん富士見寄席 ※お茶子ファッションショー
08/05 目黒   ふじや落語会 未定

<米朝師匠の名言 その1>
噺家になったのは好きやからということもありますが、一人でやる芸で、
衣装も大道具もメーキャップもなしで、それでいてドラマのような世界が描ける、
それに魅力を感じたからです。
私の描いた世界と、受け手の世界が一致する。そのときは冥利を感じます。

<米朝師匠の名言 その2(お弟子さんより聞いたもの)>
「あんたには、それが見えてなはんのか?
あんたに見えてないもんは、お客さんにも見えませんのやで。」

<私が勝手に作った自分への高座出演時の心得>
まともな人間として一生懸命アホな噺をやろうとおもたらいけません。
アホな人間が一生懸命まともな噺をしようと思うくらいでないと、おもろくありません。
(まじめか!)

※常時一番上に来るように、日記の日付を設定しています。

田町 【しょこら寄席】

定員が30名くらいなので、お店のママさんだけ、チラシを撒いております。
が、このHPを見た方、もっちろん、予約可能です。。
こそっとお知らせです。お電話で予約、よろしく御願いします。
有料なのは、ワイン代よ。。

2017しょこら寄席

中目黒 【吠える狸の落語会】

201703211337282a4.jpg

清澄白河 【第14回 杵柄寄席】

20170320133842b9a.jpg

長崎 『びーどろ寄席』

20170503長崎チラシ

アンケートからの、反省~~

落語会で配ったアンケートに書かれた感想は、隅から隅まで読んでいます。

時間がないとき以外、自分のところだけでなく、ほかの演者の感想も読んでいます。

反省会と称しての、寄席アフターで、特別いい褒め言葉を書いてくださった場合とかは、自分を絶賛し、全員からツっこまれるという、これまた落語会らしいボケ突っ込みをしながら読んでいます。

「おお、他の人のところが空白で、私だけが名人やって!解る人には解るんだなあ。」とか、

「なんだよ~~一回、オレのところに「ファンです」って書いたの、エンピツで消して、下の行に書き直してるよ。
 あんたのファンじゃなかったって、書いてて気づいたのかよっ!?」とか。

まことに楽しい飲み会になっています。

が、アンケート用紙を配るような会は、演者が向上したい場合に配っているので、飲み会では自分を絶賛して「すまんね」などといってても、ほぼ、お叱りのほうを心に留めて帰る場合が、私も含め、仲間には多いです。

自分の行だけを読んでいる訳ではないので、全員に感想を書いていて、自分のところだけ空白、などという場合は、激しく反省します。
無言の訴え、書けない=よくなかった、と受け止めて帰ります。
まあ、たくさんの方から、コメントを頂くので、面倒で書かなかったのか、無言の意思表示なのかは推測するのですね。

私は、9割りの人が、いいこと書いてくれても、1~2人、厳しい意見を書かれたら、どよ~んと持って帰ります。
これは、性分で、こういうところも朗らかに受け止め、落ち込まず努力だけできるようになると、落語ももっと楽しいものが出来るのでしょうが、ほんと、性格ですね。昔から、どうもマジメで暗いところがあるのです(笑)。

「ああ、高い声が聞き取りにくいか・・・」「ああ、短命、話としては好きでない、なるほど、確かに女がやるには反感もあるわな。」
などなど。

しかし、我がハズバンドと、太鼓の下座、千壱家一門はすごい。

いつも、落語会からの帰りの車内、二人で今日の下座はどうだったか、ほぼ、褒めちぎりあってる。
後部座席で、どよ~っんとしている私は、視界に入っていない。
失敗しても「あそこからの、取り返し方がよかったね~。経験だよね~。」などと、絶賛は続くよどこまでも。
(結構、間違ってたやろがいっ!←私の心の声))

この血はないわ~~。この家系、怖いわ~~。

でも、下座のふたり、よお、二人で稽古してるんです。

落ち込む帰路で、無視して盛り上がる運転席・助手席に、なんとなく救われている私なのでした。



溝の口 【落語膝栗毛】

20170423膝栗毛

金沢での落語会と、水戸での落語会

2つの寄席で、いづれもマクラはも一つ上手くいかなかったなー。

ほぼ知り合いのいない、会社の会議室での落語会。
もうひとつは、大ホールでの落語会。

会議室のほうは、ほかのメッチャ受けてる人のイメージで出て、反応がまったく違い(当たり前)撃沈。

大ホールのほうは、緊張して、いろいろ話しようと練習していったのに、その半分も話せず。。。
関西人だということさえ、すっとばして、本編に影響した。

でも、その割に、本編はまあまあいい感じで話せたと思う。
本編をマクラが足ひっぱってはあきませんがな。

次回へ、自分へのいいきかせ。

①マクラでウケようと思って、ウケてる誰かをイメージして出てはいけない。
本編に関係する、自分なりの考えを聞いていただく、という意識で話そう。

②お招き頂きまして、ありがとうございます、というのを最近忘れている。それを言うことで、また、落ち着きも取り戻せる。それをやりましょう。

③話す内容は、3つくらい、骨だけきめて、肉づけまで稽古してはいけない。絶対にそのとおりには、話せないのだから。あまりたくさんのことを話しようと思ってはいけない。

まだまだ、未熟だー。最近、ご近所でばかりリラックスしてやっていて、アウェーの場所での、小心者ぶり、大ホールでの緊張するところ、全部すっかり忘れていた。

日々精進だなー。。。


水戸 【げいぶん寄席】

以下、ちゃん平さんのブログより
―――――――――
第十回げいぶん寄席~社会人落語の会~
4月1日(土)
開場13時30分/開演14時/終演16時半頃
場所:常陽藝文センター7Fホール
入場料無料
※お車はお近くの有料駐車場をお使いください。


【番組】

相模亭とげ蔵
「引っ越し祝いを用意しようじゃないか」そんな噺。江戸っ子落語全開、楽しみです。

相模亭桃姫
「何があっても慌てない、それって格好良いね」そんな噺。女流落語、楽しみです。

二松亭ちゃん平「ただの言葉遊び」そんな噺。たぶん精一杯ふざけると思います。

二松亭風林火山「悪友と悪巧みをして、人を騙しますよ」そんな噺。力でねじ伏せるでしょう。

お仲入り

朝風亭容旦「とにかくハチャメチャに楽しい」容旦さん自作の噺。賞を頂戴している秀逸作品です。

好文亭文文「本人曰く漫談のようなもの」爆笑間違いなしの噺。文文さんにピッタリです。

千壱夜舞歌「遊び好きの若旦那が登場します」とにかく楽しみです。ハメモノが入ります。生演奏でございます!



今まで出囃子はCDでしたが、今回は生の下座が入ります。感動です!お時間ありましたら、どうぞお越しくださいませ。


201703312033511ba.jpg

→続きを読む

金沢 【熊谷組チャリティ寄席】

20170329熊谷
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
カテゴリ上部
リンク
プロフィール

千壱夜舞歌(せんいちやまいか)

Author:千壱夜舞歌(せんいちやまいか)
神奈川在住。大阪府豊中市出身。
落語仲間とお稽古し発表。
過去は
※2008~2011年「桂文雀師匠」に師事。
※2013~2014年「古今亭菊千代師匠」に師事。

<オンラインカウンター(訪問者数)>