【とっぷぺーじ】

◆NEWS◆
  7/11 日々これ精進(前後の沖縄旅の記録)をUPしました。
  7/27 日々これ精進(書割盗人) を UPしました。
      
◆近日の出演予定
07/29 油壺    油壺落語会 悋気の独楽
08/05 目黒    ふじや落語会 未定★満員御礼
08/12 千歳船橋  桜丘土曜寄席 廓の蛍
08/19 大阪池田  落語まつり ★書割盗人
08/20 大阪岡町  岡町噺の会 英国式・親子茶屋・廓の蛍
08/25 東京熊谷組 プレミアムフライデー
08/27 溝の口  大山街道落語膝栗毛
09/03 西馬込  吠える狸の落語会

◆このブログは、日記の日付が2パターンの使われ方をしています。
 その1)落語の出演情報を、出演日(未来日付の日記形式)で作成しています。
     カテゴリ・・・寄席
 その2)時々、日記も書いています。(記載日付の日記)
     カテゴリ・・・日々これ精進

西馬込 【吠える狸の落語会】

0002.jpg

川崎溝の口 【落語膝栗毛】in 大山街道

◆日時:2017年8月27日 14:00開演
◆場所:大山街道ふるさと館 イベントホール
  川崎市高津区溝口3-13-3 【リンク】
◆出演・演目:

 8月上旬より、自作「郭の螢」が、この日で今年分が終わります。
 自分の落語の中で、一番見て欲しい落語です。
 この日は、いつものメンバーに加え、超絶楽しいハッピーブラザーズも出ます。
 大盛り上がりの後、どこまで、私の世界観に引きずり込めるか、挑戦です(笑)。

20170827_落語膝栗毛(第7回)

大阪・岡町 【第4回 岡町噺の会(舞歌里帰り落語会)】

この度、ご縁を頂きまして、私の育った町、大阪は豊中市にあります「伝統芸能館」にて、初の自分を主役とした会(落語会)をさせていただくことになりました。
といいましても、友情出演して頂くお二人が、私にとっては雲の上のような方ですので、憧れの先輩を大黒柱に支えて頂いて、未熟な芸を披露する会、となっております。

上方落語には「ハメモノ」といって、落語の合間合間に、効果音のような役割として、三味線、太鼓、笛、鉦の音などがはいります。
この三味線を、夫、千壱家弥寿、が担当いたします。
また、落語「親子茶屋」では、鉦の音に、中・高時代からの親友が担当してくれます。
非常にアットホームな会で、かつ、初の故郷公演として夫婦ともども、力を入れた会となっております。
お時間ございましたら、ぜひ、ご鑑笑に来ていただけましたら、幸いです。
お会いできることを、楽しみにしております。                  
                                敬具
20170820.jpg

◆日時 :8月20日(日) 14:00開演~16:30頃まで
◆会場名 :岡町伝統芸能館
◆場所 :〒561-0884 大阪府豊中市岡町北1丁目4−1
    ※阪急宝塚線 岡町駅(急行は止まりません)
◆木戸銭(入場料):無料
◆出演者 紺染・圓九・舞歌
◆演目:舞歌・・・英国式ドッグスクール、親子茶屋、廓の螢

大阪池田市 【素人落語祭り】

◆日時 :8月19日(土) 11:00開演~17:00頃まで
◆会場名 :池田市民文化会館 小ホール
◆場所 :〒563-0031 大阪府池田市天神1丁目7−1
    ※阪急宝塚線 池田駅
◆木戸銭(入場料):無料
◆出演者 多数
◆演目:舞歌・・・書割盗人
5629848_2254585447_181large.jpg

千歳船橋 【桜丘土曜寄席】

◆日時 :8月12日(土) 午後 1:30~
◆会場名 :桜丘区民センター2階大広間
 東京都世田谷区 桜丘5丁目14-1
◆場所 :小田急線 千歳船橋駅 徒歩5分
◆出演者&演目 : ※変更の可能性あり。
 あくび指南 恋歌
 稲川    談吾
 千両みかん 右柳
 廓の螢   舞歌
    仲入り
 鰻の幇間  金夢
 マジック  稔
 天狗裁き  小三馬
桜丘区民センター地図

目黒 【ふじや寄席】

【お蕎麦屋さんの常連さん向けの落語会です】
◆日時:2017年8月5日(土) 17:30開場 18:00開演
◆場所:目黒 蕎麦 藤屋
      東京都目黒区三田1-11-26
      JR目黒より徒歩12分くらい
◆出演・演目:
  芝楽さん  目黒のさんま←オーナーのご希望演目
  豆蔵    憧れの甲子園(笑福亭福笑作)
  <オーダータイム>
  舞歌    動物園か悋気の独楽
  右柳    青菜

20170805ふじや

  

横須賀・油壺 【グローイング寄席】

【マンションの居住者向け落語会です】
◆日時:2017年7月29日 17:30開場 18:00開演
◆場所:油壺グローイングシティ自治会館
  神奈川県三浦市三崎町小網代54-37
◆出演・演目:
  熊王さん  演目はお楽しみ
  舞歌     悋気の独楽、かな?
※17:30からビール等が配られ、18:00から落語会
 その後、おおぎり、です。
グローイング

油壺

書割盗人(だくだく)あれこれ

ふう~~~~。

昨日やっと、書割盗人(江戸では「だくだく」)の改作の方向性が決まりました。
これをベースに、ちょこちょこ変えていきまっしょい!!

しかし、福井のちりとてちん杯8分、大阪の社会人落語日本一決定戦10分。
8分や10分の落語だと、起承転結でかなり、どごを削ってどこを出すか迫られる。

10分じゃなければなあ~~。
書割盗人(子別れ編)とかも、結構、良かったんだよー。
書割盗人(お代官編)
書割盗人(どじょう鍋編)←思い出せない(笑)。今読み返した。ハハハ!
書割盗人(くの一編)
書割盗人(女ねずみ小僧編)
書割盗人(亡き妻を思う編)
書割盗人(赤いものに興奮編)
書割盗人(フィギュアおたく「コケシ萌え」編)とか

数えたら決定までに24のストーリーを作ってたがな。。。

場面場面で、やりたいことはあっても、その動機とオチまでが自然じゃないとアカンので、泣く泣く変更を重ねに重ね。。。
どこに行くのワタシ・・・放浪してましたがな。。

改作より、現代の新作のほうが、やっぱ自然に仕上げるってのは無理がないな。。。

さて、最後に出来上がった書割盗人で、8月19日までに、まず、今の8分くらいで収まりそうなものを12分程度まで膨らまし、そこからまた、大会用に絞っていきます。

さて、どうなりますやら。。。

書割ってなあに?【ココをクリック(歌舞伎人)】

KAKIWARI.jpg




沖縄に行ってきました(うちなんちゅ落語会)(4)

さて、4日目です。
前夜より、沖縄に台風が来~~るう~~とニュースでやっており、帰れるのか?
初の交通機関欠航による休暇(午後から仕事に出勤予定)となるのかっ!?
と思っておりましたが、難なく朝10:30出発の那覇発羽田行きは飛び立ち、降りました。。
IMG_20170704_105318.jpg

いや~~。沢山刺激をうけた3泊4日でした。
東京、兵庫、四国、それぞれに生まれて移り住んだ人たちの暮らし、沖縄の落語事情、プロ、アマ、それぞれの思い、葛藤や、商店街の理事さんとイベント開催までの月日などなど。
昨日も何でもない日を過ごす予定が、色んな縁ができ、色んな話を聞き、やはり、沖縄は、四国でも北海道でも感じなかった、ここだけの時間の流れ、みたいな異国感?がありました。案外すぐ来れるのにね~~~。
落語のお客様の白仁さんという男性より私のブログに連絡があり、私が那覇の落語会で演った「英国式ドッグスクール」をとても気に入ってくださり、最終日(本日)の朝、まだ沖縄にいるなら、ぜひご紹介したい人がいます、とメールを頂きました。
メール着が朝4時。↓※早朝の朝焼け
IMG_20170704_051951.jpg

こちらから返信したのが朝7時半。空港で朝9時30分から30分しか時間がありません。
それでよかったら。。。
東京で、ワサワサ時間を送ってたら、たった30分の為に、どうですか?なんて返信したかどーか。。
沖縄時間がそうさせたのでしょうか。。
なななんと、そんな状況で、アウエハント静子さんという方を連れて来てくださいました。。。。
この女性は、連絡がついて30分後にタクシーで空港にきてくださるというフットワークのよさ!
私の落語を聞いた訳でもないののね、ただ知らない私に会う為に。
何を話したわけでもなく別れましたが、なんだか、時空がズレたというか、何か始まりそうなよくわからない感覚がありました。またお会いしそうだな。
とにかく間に入って紹介してくださった男性は、何だか会わせたいと無性に思ってくださったらしく、しかし、何の下心もなく、そうしなくちゃと思ってくれたらしい。不思議な。
とってもスピルチュアルな方のようで、時々、落語をしていると、とってもスゴイというか、偉いというか、そんな方にお会いしますが、共通しているのは、「気さく」で「よく笑い」「飾らず」「テンションが安定している」ということ。
IMG_20170704_093819.jpg
IMG_20170704_093824.jpg

この方も、なんだかとっても、魅力的な笑顔の方で、つられて私も美人に写ってる!!(笑)。
この、「テンションの安定」は、なんかこう、絶対私には手に入り辛いものなんだよなーーー。。

そう、やはり、沖縄には不思議な時間が流れています。
今回、地元の人と触れ合って感じたこと色々。
旅行メンバーだけで、リゾートホテルや、レンタカーしてたのでは得られない貴重な体験の4日間となりました。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
カテゴリ上部
リンク
プロフィール

千壱夜舞歌(せんいちやまいか)

Author:千壱夜舞歌(せんいちやまいか)
神奈川在住。大阪府豊中市出身。
落語仲間とお稽古し発表。
過去は
※2008~2011年「桂文雀師匠」に師事。
※2013~2014年「古今亭菊千代師匠」に師事。

◆米朝師匠の名言
<その1>
噺家になったのは好きやからということもありますが、一人でやる芸で、衣装も大道具もメーキャップもなしで、それでいてドラマのような世界が描ける、それに魅力を感じたからです。
私の描いた世界と、受け手の世界が一致する。そのときは冥利を感じます。

<その2>
「あんたには、それが見えてなはんのか?あんたに見えてないもんは、お客さんにも見えませんのやで。」

◆自分から自分へ
まともな人間として一生懸命アホな噺をやろうとおもたらいけません。
アホな人間が一生懸命まともな噺をしようと思うくらいでないと、おもろくありません。
(まじめか!)

<オンラインカウンター(訪問者数)>